スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天竜村ブッポウソウ日帰りバスツアー行いました!

遠山川つり橋前のヤマセミ
遠山川橋脚巣箱前のブッポウソウ
天竜村役場に現れたブッポウソウ
旧木沢小学校前で集合写真
【天竜村ブッポウソウバス日帰りバスツアー】
平成29年7月9日(日)天候/曇り;気温30℃前後
7月9日(日)梅雨の合間を縫って「天竜村役場ブッポウソウ」と「遠山郷道の駅」「遠山川流域」
「龍渕寺・観音霊水」「兵越峠」「旧木沢小学校」へと行ってきました。
今回も前回同様ABC旅行センターに旅行企画を依頼し、緑色のマイクロバスで、星が丘駅前を出発する。
今回は体調不良で1名参加できず15名の少数精鋭で出かけました。
名古屋インターから東名高速道路を小牧ジャンクションから中央道路を北上し
恵那サービスエリアでトイレ休憩を入れ、
今回は天竜村の手前の道路が雪解けの崩落で通行止めとなり遠回りして、
飯田インターから国道152号線アップルロード通り、
ループ橋や長いトンネルを抜け南信濃遠山郷へ入る。
リニア新幹線の工事が少しずつ始まっていました。
途中マタタビを食べるニホンザルの群れを横目に、山深い道をひた走る。
天竜村に向かう前に遠山郷道の駅でトイレ休憩。
遠山川沿いをしばらく走るといくつかの橋に橋の両側にブッポウソウの巣箱があり、
橋のたもとに看板も立っているに気づく。
その先のつり橋前のヤナギの木にキジバト大の鳥が止まっているのに気づく、
バスの運転手さんに橋のたもとに止めてもらう。
双眼鏡で覗くとヤマセミ、すぐに車中の皆さんに降りてきてもらい見てもらう。
プロミナーでも見てもらい、傍によってみる。
しばらくは止まっていたが上流へ飛んで行ってしまった。
がっかりしているとヤナギの枝先からもう一羽同じ方向へ飛び去ってしまった。

野鳥の写真はTさんの当日のヤマセミとブッポウソウです。

天竜村役場では、前日までに5羽の幼鳥のうち4羽がすでに巣立っており心配していましたが、
地元のベテランの方から1羽はまだいますよということで粘っていましたが、
親鳥が一度巣立ちを促しに来ただけで去っていてしまいました。
成長の遅い幼鳥は残念ですが何らかの理由で親鳥に見捨てられてしまいました。
気を取り直して遠山郷途中の橋脚の巣箱の前の木を覗くと・・・
居ました居ましたブッポウソウ、しっかりとプロミナーに入れて観察。
この後龍渕寺観音霊水と兵越峠、旧木沢小学校を観光。
旧木沢小学校前で記念撮影!(校舎にピントが~人物にピンボケ残念運転手さんお願いしますよ!)
 皆さん無事に名古屋に帰りホットしました。お疲れさまでした。 
 また探鳥会やバスツアーでお会いしましょう!
【見られたり聞いたりした鳥】
キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、トビ、ヤマセミ、チョウゲンボウ、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ブッポウソウ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、ドバト(サービスエリアで)、車中や道中の不明種は入れず。
【次回のイベント紹介】
【8月6日(日)】“真夏の伊吹山山頂へは中止となりました。
【9月17日日曜日】“賤ケ岳山頂へ「秋のタカの渡り」を見に!”
簡単に山頂までリフトを利用して上がれる賤ケ岳山頂。
標高が低い山頂で、間近に飛び去るタカたちに交じって、周辺の木々には夏鳥が羽を休めることも多い。
決して多くありませんが1羽1羽しっかりと見られる場所として密かな観察ポイントです。
木ノ本周辺で昼食、昼食後は賤ケ岳古戦場仏閣巡りを予定しています。
時間・情報によっては姉川河口の公園等に立ち寄ります。
5月下旬春の渡りではイヌワシやクマタカも見られたようです!
現在参加募集定員に達したため受付終了しています。
今後の計画は?
1)12月17日(日曜日)冬の八ヶ岳高原探鳥ツアー
小淵沢・清里周辺へオオマシコやハギマシコ探索と
関東圏のツアーでも有名な八ヶ岳チーズケーキ工房でランチと試食、お買い物、
時間の都合がついたら有名なバードハウスなどへも行きたいと思います。
日帰りではフクロウやコミミズクは難しい!
<八ヶ岳チーズケーキ工房>
最近売り切れ続出!
昼食の山梨と言えばほうとう!
2)来年2月18日(日)シノリガモを見に御前崎へ海鳥探鳥ツアー
御前崎灯台付近の岩礁付近にはシノリガモをはじめ、コクガンやクロサギ、
外洋に目を向けるとアビの仲間やウミスズメなど仲間が波間を漂う。
帰り道、中島田砂丘か磐田市郊外浅羽地区の田んぼに立ち寄ります。
昼食は御前崎のホテルを検討中。
参加費はそれぞれ10,000円(旅費交通費、昼食費など)
参加募集23名予定。
スポンサーサイト

東山植物園探鳥会7月2日の結果

東山動物園正門横アオバズク
モノレールの支柱を利用する、穴が入り口
日本野鳥の会愛知県支部主催
東山植物園定例探鳥会
平成29年7月2日(日)開催分より
<天候;晴れ/気温;34℃>
<参加者;50名/種類数;13種>
キジバト2羽、コゲラ4羽、
ハシボソガラス5羽、ハシブトガラス7羽、
ヤマガラ4羽、シジュウカラ3羽、ツバメ10羽、
ヒヨドリ17羽、メジロ6羽、ムクドリ2羽、
スズメ28羽、カワラヒワ2羽。
以上探鳥会終了後の鳥合わせで
参加者全員で姿を見たり、
声を聴いたりして確認した種類と数です。
<コメント>
今日は梅雨の中休み、
日差しが一気に気温を上げ、
昨日の雨の湿気と相まって蒸し暑さが上昇。
早朝はまだ涼しく動物園正門横では、アオバズクが見れ、
シジュウカラやメジロがさえずり、ヒヨドリも涼し気に騒いでいました。
探鳥会が始まったころからは、
流石に鳥たちも木陰に隠れ静かになっていきました。
それでも巣立って親離れしたツバメが舞い、木陰から鳥の声も聞こえました。
途中誰かに襲われたカブトムシやクワガタムシの食痕、
ナナフシ、トンボなどの姿を見て楽しみました。
探鳥会が終わって帰り道、
シジュウカラの親子が流石に暑いのか水浴びをしている姿が見れました。

今回もランチ会は三越「ランドマーク」で行いました。

野鳥写真は今回私の写真。
カシオEXILIM(旧型)24X
早朝の眠そうなアオバズクと利用しているアオバズクの巣の写真です。
今年はハシブトガラスやドバトに邪魔されながらなんとか
ひなが育つまでに来ました。
来月の巣立ちまでなんとか頑張ってほしいものです。
これからアブラゼミの声が聞こえてくると、
彼らがヒナのえさになります。

先日5月28日平和公園探鳥会から

電線のコシアカツバメ
水田のツバメ
水場のシジュウカラ
日本野鳥の会愛知県支部主催探鳥会実施記録から
<平和公園定例探鳥会>
平成29年5月28日(日)開催分より
<天候;快晴/気温;29/18℃>
<参加者;40名/種類数;25種>
カルガモ2、キジバト1、ダイサギ2、トビ1、オオタか1、
カワセミ1、コゲラ8、ハシボソガラス9、ハシブトガラス8、
ヤマガラ1、シジュウカラ12、ツバメ4、コシアカツバメ2、
イワツバメ1、ヒヨドリ16、エナガ1、メジロ4、ムクドリ5、
キビタキ3、スズメ26、ハクセキレイ1、セグロセキレイ2、
カワラヒワ4、ドバト(カワラバト)1。以上確認25種。
<担当者のコメント>
今朝は久しぶりに清々しい五月晴れの朝を迎えました。
今日も大勢の方が集まり賑やかに始まりました。
さて始まってすぐコシアカツバメがスポーツセンター横に現れ、
巣も見ましたが近くにスズメがその巣を伺っており心配です。
東山新池では池面一杯を外来種スイレンが覆いつくして
鳥の姿が見えなくなっていました。
大坂池ではカルガモが杭の上で昼寝?朝寝をしていました。
中道では清々しい風が抜けていきますが、
遠くでキビタキの声が聞こえてくるのみ。
クレー射撃場跡地ではシジュウカラの巣立ちの親子の群れが
横切って行きました。
例年ですと平和公園の森の上空をたくさんのツバメが舞っているのですが、
星ケ丘の駅前もツバメの姿が大変少なく心配です。
追試今日は探、鳥会終了後星ケ丘駅裏のカッフェPONOでランチ会しました。

では(o・・o)/次回は8月27日、6月と7月は夏休みです!

つばめ通信鳥旅とりたび便り「養命酒駒ケ根工場健康の森」から

養命酒駒ケ根工場健康の森
キセキレイ♂枝
キセキレイ♀エサ
水神様上空ノスリ

【養命酒駒ケ根工場健康の森とかんてんぱぱ・マルス醸造所日帰りバスツアー】
平成29年5月21日(日)天候/晴れ;気温31℃;参加者27名
5月21日(日)は良い天気に恵まれて?!
「養命酒駒ケ根工場健康の森」と「かんてんぱぱガーデン」「マルス醸造所」へ行ってきました。
今回もABC旅行センターに旅行企画を依頼し、緑色の愛知バス納車してすぐの新車中型バスで、
早朝午前7時に満席27名を乗せて、無事に星が丘駅前を出発する。
平和公園探鳥会に参加されているKさんご夫婦の共同作成の野鳥DVDを視聴して楽しみ
一行は名神高速道路名古屋インターを入り小牧ジャンクションから中央自動車道を経由し
駒ケ根インターを途中恵那峡サービスエリアでトイレ休憩。
今年は名古屋市内で姿が少ないツバメがここのトイレ横にはツバメが集団繁殖しています。
予定通りに「養命酒駒ケ根工場健康の森」に着き、車外に出ると高原のすがすがしさはなく、
真夏の空気。
そこへキセキレイとカワラヒワがまず出迎えてくれた。
しかし、午前9時半過ぎの気温がすでに25℃を超えて暑さのせいでか、夏鳥のコーラスが聞こえてこない。
小川のせせらぎを聞きながら健康の森を進むとキセキレイの雄同士が争ていたり、巣材を運んでいたり、
すでに巣が出来上がりヒナでもいるのかエサを運ぶ姿がよく見られました。
カワラヒワはすでに巣立ちを終えたのか、親子の群れがいくつか見ることが出来ました。
水神様の森からは今回もノスリが上空を舞ってくれました。
よーく耳を澄ますと、サンショウクイ・キビタキ・イカルそしてヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、エナガの声が聞こえてきました。
途中でハクセキレイ、レンゲツツジの中のホオジロの番にも出会い、
森の周囲ではスズメやムクドリ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、トビ、ハイタカなどもいました。
次の訪問地「かんてんぱぱガーデン」では、アカマツの花粉が白く霞んでしまうほど花粉のお出迎え。
到着すると午前11時半を過ぎていたので、すでに観光の家族連れで賑わっていました。
我々一行は混雑をしり目に昼食を予約している“ひまわり亭”で、団体限定のかんてんぱぱ弁当を美味しく頂きました。
予定していた野村陽子植物細密画館やかんてんの試食を済ませて、「マルス醸造所」向かう。
「マルス醸造所」では試飲の前に集合写真を撮った後に、自慢のウイスキーや梅酒などの試飲をしてきました。
気が付いてみれば皆さんお土産一杯で、無事に帰ってきました。

野鳥の写真は参加者の一人Tさんの当日のキセキレイとノスリです。

つばめ通信有志早朝東山植物園探鳥会から

トビ01
ツバメ01
カワラヒワ02
つばめ通信有志東山植物園早朝探鳥会
平成29年5月7日(日)午前6時開催8時15分終了より
<天候;晴れ/気温;17℃>
<参加者;16名/種類数;16種>
カイツブリ、カワウ、トビ、コゲラ、
サンショウクイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、
キビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ。

<コメント>
今日は毎年恒例の連休期間中の早朝探鳥会。
先週の平和公園早朝探鳥会に続き開催。
今年は天候不順で、
デッチョ池周辺での早朝ジョギングでも夏鳥に出会えず、
さらにツバメの飛来や繁殖も昨年に比べ低調です。
せっかく早朝探鳥会に参加いただきましたが、
夏鳥のコーラス、出会い恵まれず残念。
先週から鶴舞公園近くに越しましたが、
こちらでも情報はあまりよくありません。
心配です。
残念でした。
今日のハイライトは久しぶりのトビと、ツバメ、カワラヒワです。

今回は慌ててスタバでモーニングコーヒーを飲み、
定例の東山植物園探鳥会へ参加しました。

野鳥写真の提供は春日井市のMさんです。
トビ、ツバメ、カワラヒワの写真です。
プロフィール

徳田

Author:徳田
平和公園通信ブログへようこそ!
名古屋市内東山植物園探鳥会や平和公園探鳥会、バスツアー鳥旅、イベント、近隣情報など掲載します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。