今朝のデッチョ池から改め「今日の鶴舞公園から」平成29年10月17日火曜日

20171008 ooyosigoi
今年4月下旬に鶴舞公園近くに仕事の関係で、
引っ越して来たことで、
「今朝のデッチョ池から」が書けなくなりました。
ということで「今日の鶴舞公園から」が始まります。
今日は雨上がり2時過ぎにふらっと鶴舞公園に散歩がてら行って来ましたら、
居ました居ました「オオヨシゴイ」。
写真は守山区のKさんの8日に写真です。
今日は大きなザリガニのオスをハサミや足を落としてから、
尻尾からごっくんと飲み込んでいました。
ご近所の方はこれで3匹目、よく食べますね。
と感心していました。
あじさいの散歩道から秋の池、竜ヶ池と周り、
ヒタキの仲間を探していたら、
オオルリのメスが盛んに飛び回っていました。
ほかにもキビタキのメスのようでしたが、
この秋はぜひとも鶴舞公園でオジロビタキを見つけたい。
また八幡山古墳で別の方とのお話で、
オオタカではないかこと。
ハシブトガラスに追われて飛んで行ったとのこと。
行きにはキジバトとドバトがいましたが、
1羽もいないことから、次回はしっかりと確認しておこうかと。
休憩時間が終わるのでこの辺で帰ることにした。
しかしながら毎日よく珍鳥ハンターがやって来ますね。
ではまた次回。
スポンサーサイト

平成29年10月8日日曜日「瀬戸・定光寺」へ探鳥電車旅

鶴舞公園にオオヨシゴイ騒ぎ201410081
定光寺駅前橋20171008
滝の見えるカフェ20171008
仙人カレー20171008
定光寺徳川尾張藩入り口20171008
菩提寺本殿20171008
定光寺頂上駐車場展望台から名古屋市内20171008
滝の見えるカフェ前の滝20171008
滝の見えるカフェ入り口20171008
2017年10月8日日曜日瀬戸は定光寺へ電車で探鳥小旅行へ
天気にも恵まれ久しぶりに定光寺へ鳥を見に行きました。
折角でしたので鶴舞公園にオオヨシゴイ騒ぎを横目に、
JR東海中央線「鶴舞」駅から普通列車に乗り込む。
結構早く所要30分くらいで「定光寺」駅に到着。
予想はしていましたが、無人駅。
改札はマナカをタッチして出ていきました。
出迎えは、セグロセキレイ。
上空は期待していたサシバは飛ばず、ヤマセミも横切らず。
千歳楼の建物は廃墟になっていました。
駅前の城嶺橋を渡り、交差点を渡り、
川の横の東海自然歩道を登っていきました。
川の流れが心地よく響き、
盛んにヒヨドリが鳴いていました。
春になるとオオルリやキビタキ、カワガラス、ミソサザイで
さぞかし騒がしくなることでしょう。
サンコウチョウの声も聴けそうな良い環境でした。
正伝池に行く途中、滝の見えるカフェ「ソイビーン・フラワー」を見かける。
帰りにコーヒーでも飲みに寄ろうかと思いました。
正伝池に着き、池を回るとカメラを構える人の周りに人だかりあるので、
寄って話を聞くと杭の上にカワセミがのんびりと止まっていました。
近くには休憩所とトイレもあり探鳥会には絶好の場所ですね。
アカゲラも2羽近くを飛び回り、カケスも6羽ふわりふわりと上空高く渡っていきました。
噂で池の近くの「山ろく庵」の「仙人カレー」が評判でしたので、
まだ午前10時過ぎでしたが、かみさんと一緒に注文して食べました。
まあまあスパイスが効いて美味しかったですね。
サービスでヨモギ茶をいただきました。
折角でしたので、尾張藩初代藩主義直公の廟所と室町時代後期の建築である本堂「無為殿」に行きました。
かなり以前テレビ愛知の健康番組でバレーボール元日本代表「三屋裕子」さんとご一緒して以来です。
その当時より手が入り綺麗になっていました。
展望台駐車場に向かい、名古屋市内まで見渡せる場所にしばらくいたが、
ここでもタカの渡りは見られずトビとハシブトガラス、ヒヨドリでした。
定光寺を下り、東海自然歩道を戻り、滝の見えるカッフェ「ソイビーン・フラワー」で
コーヒータイム。ここは薬膳のお店らしく薬膳のランチやらスイーツやらある。
既に先約の二人の女性がその薬膳ランチを食べている。
とてもおいしそう。滝の写真とともにインスタしている様子でした。
しばらくするとカップルもやって来た。
電車の時間が迫ってきたので、定光寺駅に向かう。
駅に着くと数分で名古屋行きの電車がやってくる。
午前中いっぱい結構歩いたが、鳥たちとはあまり出会えなかったが、
まあまあ楽しめた電車での小旅行でした。
鶴舞駅に戻り、鶴舞公園を横切ると水路や池な周りを閑散として、
カメラマンが退屈そうにしていました。
目的のオオヨシゴイはあまりにも追い立てて、
中には水路に入り込む人まで現れ姿を隠したようです。
帰宅後は夕食を川名駅・昭和警察署近くの
カラーハウス「ユー&マタ」でビールセットで、
一日を〆て終わりました。

9月24日平和公園探鳥会から

コサメビタキ04
サメビタキ02
エゾビタキ02
日本野鳥の会愛知県支部主催探鳥会実施記録から
<平和公園定例探鳥会>平成29年9月24日(日)開催分より
<天候;晴れのち曇り/気温;28℃>
<参加者;38名/種類数;28種>
カルガモ2、キジバト4、ミサゴ2、オオタカ1、サシバ1、
カワセミ4、コゲラ1、アカゲラ2、モズ2、
ハシボソガラス2、ハシブトガラス13、
ヤマガラ4、シジュウカラ5、ツバメ1、
ヒヨドリ21、エナガ5、メボソムシクイ1、メジロ30、
ムクドリ30、エゾビタキ12、サメビタキ2、コサメビタキ6、
キビタキ1、オオルリ3、スズメ80、ハクセキレイ1、
ドバト(カワラバト)20、小型のタカ2。
以上確認28種。
<担当者のコメント>
真っ青な秋晴れ、タカの渡りなど期待される天気で始まりました。
東山新池ではカワセミが姿を見せ、池の横ではムクドリが群れ、
久しぶりに上空をドバトが群れで飛んでいました。
里山の家からは上空をミサゴが2羽さらに高いところを
サシバが通り過ぎていきました。
中道に途中でも、小型のタカ類(ハイタカとツミと思われる)2羽が
尾根の稜線を東から西のほうへ飛び去りました。
中道を進めとあちらこちらでエゾビタキが現れた。
小さな羽虫を盛んに英名の由来のようにフライキャッチしていました。
柿の木の周りが特に多かった。
さらに進むと綺麗なオスのオオルリが見えるという声に探し回るが、
ちらちらと姿を現すが、北の稜線の方角にメスとともに消えていった。
水場ではまたカワセミが2羽現れ見ていると、解散時間に近ずく。
慌ててユーカリの森を抜け通りを渡り桜の園へ、
池に着くとヤナギの木にヒタキがいるというので、
よく見るとコサメビタキにサメビタキが盛んに飛び回っていた。
ここではホトトギスの仲間を期待していましたが、
今年は見ることができませんでした。
今日も探鳥会終了後、
星ケ丘駅バスターミナル裏のカフェPONOでランチ会しました。

では(o・・o)/次回は10月29日の探鳥会で。
来月は例年ですとマミチャジナイなどツグミ仲間の渡りが
期待されますが、今年も移動早いようです!

9月17日「賤ヶ岳タカの渡りバスツアー」は台風の影響を配慮し中止!

sasiba1.jpg
サシバ04
sizugatakesanncyou.jpg
楽しみにしていました「賤ヶ岳タカの渡りバスツアー」は
今度の台風18号の影響が避けられない天気予報により
中止にいたします。
参加予定の方々には申し訳ありません。
大型で強い台風18号は進路を東寄りに取り、
九州地方から四国中国関西地方を通過し、17日には琵琶湖上空に達し、
東海・北陸地方にも影響をもたらすようです。
8月下旬から小鳥の渡りも始まり、各地タカの渡り通過点からの報告も活況を呈していただけに残念です。
これも世界的な温暖化が進み、歯止めがかからない事態に陥り、
甘んじて受け入れなければならないことの一つなのでしょうか。
三連休は外に出れませんので、買い込んだ本でも読んで台風をやり過ごします。
皆さんも台風情報に留意して準備を怠らないようお過ごしください。

日本野鳥の会愛知県支部主催探鳥会実施記録から <平和公園定例探鳥会>

サンショウクイnoup
サンショウクイ1
サンショウクイ3
イタチ0
<平和公園定例探鳥会>
平成29年8月27日(日)開催分より
<天候;晴れ/気温;32℃>
<参加者;33名/種類数;25種>
キジバト1、アオサギ1、ダイサギ1、コゲラ7、
サンショウクイ10、ハシボソガラス3、ハシブトガラス6、
ヤマガラ2、シジュウカラ2、ツバメ1、コシアカツバメ1、
ヒヨドリ6、センダイムシクイ2、メジロ14、ムクドリ2、
コサメビタキ2、キビタキ1、スズメ20、ハクセキレイ2、
セグロセキレイ2、カワラヒワ1、ドバト(カワラバト)1。
以上確認22種。
<担当者のコメント>
秋の渡りが始まるため、平和公園探鳥会再開。
お盆過ぎからちらほらヒタキやムシクイの話が出始め、
今日も期待して大勢の方が集まりました。
さて、始まってすぐにコシアカツバメが横切り、
スポーツセンターの屋上ではドバトが顔を出してくれました。
東山新池では外来種スイレンが覆いつくして、
鳥の姿が見えなくなっていましたが、ダイサギが歩き回り、
アオサギが木陰でじっと獲物を探していました。
中道ではアカメガシワの実をコサメビタキが狙っていますが、
ハシブトガラスの何羽かが、小さな実を太いくちばしで黙々とつまんで食べているため
様子を伺いながら一粒取っては隠れ、一粒取っては隠れていました。
そこをキビタキも横切っていきました。
クレー射撃場跡地ではセグロセキレイの親子か姿を見せてくれました。
せせらぎの奥、柿の木の林の中にイタチか?何度か顔を見せ、
足元には柿の実がたくさん落ちていました。
そういえばハシブトガラスの若鳥がまだ青い実をせっせとついばんで食べていました。
さぞかし渋かろうに。
奥池先の園地ではサワグルミの実がたわわに実り、その実を見ているとヒリヒリと
サンショウクイの鳴き声が聞こえてきた。
樹上に毛虫を咥えたメスのサンショウクイが見え、
入れ替わりに若鳥も現れ、ちらちらときれいなオスも見えてきました。
参加者みんなでこのサンショウクイの群れを取り囲むように、
サワグルミの木々の周りを囲んでしばらく見ていました。
久しぶりにしっかりとサンショウクイの姿を
それもオスメス若鳥の見れたのは感激です。
その後ハンノキ湿地へ向かい水場で何か来ていないか期待しましたが、
恒例のヤマガラが現れてくれただけでした。
コアラのためのユーカリの林にあるゴンズイの実はオオルリの好物ですが、
すでにカラスにすっかり食べられてしまっていました。
カラスはこれまで食べてこなかった木の実まで食べるようになり、
渡り鳥の貴重な餌まで手を付けてしまうのは困ったことです。
またツバメの姿がグッと少なくなっているのは何かあるのでしょうか?
赤トンボが数えきれないほどたくさん飛んでいました。
秋が足早にやってきているようです。
今日も探鳥会終了後、星ケ丘駅バスターミナル裏のカッフェPONOでランチ会しました。

では(o・・o)/次回は9月24日の探鳥会で。
来月はタカの渡りが期待されます!
プロフィール

徳田

Author:徳田
平和公園通信ブログへようこそ!
名古屋市内東山植物園探鳥会や平和公園探鳥会、バスツアー鳥旅、イベント、近隣情報など掲載します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR